ADDRESS  26, Sambugol-ro, Gwacheon-si, Gyeonggi-do, Republic of Korea
 +82-31-697-4501

© 2019 SHIELDEX Co.,Ltd.

Office365 & CDR 連動ガイド

管理ページにアクセス
1. [管理]アイコンをクリック
2. 管理センターでExchangeメニューをクリック
コネクタを追加

1. メールフローメニューをクリック

2. コネクタをクリック

3. [ + ]ボタンをクリックしてから、コネクタを追加

1. [送信元 : Office 365]と[送信先: 組織のメールサーバー]を選択

2. 次へボタンをクリック

3. コネクタの [名前] と [説明] 設定 (説明は省略可能)

4. 次へボタンをクリック

1. [メッセージをこのコネクタにリダイレクトするトランスポートルールが設定されている場合のみ]を選択

2. 次へボタンをクリック

3. [ + ]ボタンをクリック

1. Office365に連動したいスマートホスト完全修飾メイン名またはIPv4アドレスを設定

2. 保存ボタンをクリック

3. STMサーバーがリストに追加されたことを確認

4. 次へボタンをクリック

1. [常にトランスファー層セキュリティ(TLS)を 使って接続をセキュリティで保存する]を選択

2. [任意のデジタル証明書]を選択

3. 次へボタンをクリック

4. 設定したコネクタの情報が正しいことを確認してから、[次へ]ボタンをクリック

1. [ + ]ボタンをクリック

2. テストメールを設定

3. OKボタンをクリック

4. [有効性検査]ボタンをクリックをクリックしてからスキャンが完了したら、[保存]ボタンをクリックして、コネクタの追加を終了

1. メールフローメニューをクリック

2. ルールをクリック

3. [ + ]ボタンをクリック

4. [カスタムブランディングOMEメッセージに適用]を選択

1. ルールの名前を設定

2. [受信者のドメインが、以下のとおりです。]を選択してから、ドメインの名前を設定

3. [以下コネクタ使用する]選択してから,前に作ったコネクタ選択

4. [メッセージヘッダが次の項目一致する]選択してからヘッダーの名は[x-sani]ヘッダの内容は[on]に設定

5. 保存ボタンをクリック